ゴルフ場まとめるよ!

スルーザグリーン

スルーザグリーンについて

動画(YouTube)

【ゴルフ用語】スルーザグリーン

ゴルフを始めたばかりの方に向けたゴルフ用語の説明動画です。 初めてのゴルフ入門ガイド! 「初心者ゴルフナビ」 http://www.golfdigest.co.jp/beginner/...

動画(YouTube)をもっと!

You Tube

ブログ

ティーインググラウンド について (その...

[ 2016-04-03 08:42:26 ]

()次のストロークは,ゴルフ規則20-5.に従って,前のストロークをした箇所にドロップ,プレース(ティーアップ)してプレーする
()前のストロークをした箇所がティーインググラウンド上であったから,20-5.〈a〉に従ってあるホールのスタートの時に使用したティーインググラウンドと同じ範囲内にドロップ,プレース(ティーアップ)すべきを,誤って,ティーマーカーから3クラブレングス後方のスルーザグリーンにドロップ,もしくはプレース(この際ティーアップした違反は不問にします)してしまった。
()これでは,誤った箇所にドロップ,プレースをしたと言わざるを得ない。

侘助に雪

[ 2016-03-08 06:32:19 ]

ゴルフ(Y田C.
C7番スルーザグリーン)

球がハザード内にある場合;禁止行為 その...

[ 2016-02-17 08:08:54 ]

当然球のあったハザード以外のハザードに入った場合,アウトオブバウンズとなった場合も「そのハザードの外にある場合,」であることは,文言上疑問の余地がありません。
すなわち,ゴルフ規則は,仮に球がスルーザグリーンにあったとしても,競技者が意図するプレーの方向にバンカーがあると,そのバンカーに球が入る可能性があるので,そのバンカー内の砂が先行組の不始末で,どんなに凸凹であろうと,ハザード内の砂や土をならしてはいけないとしています(規則13-2 裁定集13-2/28)。
しかし,競技者自身によってハザードからプレーされた球が,そのストローク後にそのハザードの外に出た場合には,競技者自身が次のストロークをするに際し,そのハザード内の凸凹が(主として競技者自身がつけた足跡),プレーの線にあっても,また球がアウトオブバウンズとなってそのハザード内に競技者自身がドロップしなければならなくても,直前にストロークをした,そのハザード内の砂や土をならすことができるとしているのです(裁定集 13-4/37)。

地面にくい込んでいる球(ゴルフ規則252...

[ 2015-12-22 07:35:43 ]

2016年度のゴルフ規則が発表されました。
ゴルフ規則25-2 地面にくい込んでいる球 について,その注3:において,「委員会は付属規則Iに規定されているとおり,スルーザグリーンのどこででも球がくい込んだ場合にプレーヤーに罰無しに救済を認めるローカルルールを採用することができる。」と改訂しました。
さすがに,前述のようなインチキルールでプロの公式試合を実施することに後ろめたさを感じたのでしょうか。

芝草を短く刈ってある区域とは?

[ 2015-10-27 07:30:00 ]

【ゴルフ規則 25-2 地面にくい込んでいる球(エンベッデッドボール)】の項に出てきます。
スルーザグリーンの、芝草を短く刈ってある区域で、球がその勢いで自ら地面に作った穴(ピッチマーク)にくい込んでいるときは、その球は罰なしに拾い上げてふき、ホールに近づかず、しかも球のあった箇所にできるだけ近い所にドロップすることができる。
ドロップの際、球はスルーザグリーンのコース上に直接落ちなければならない。

ブログをもっと!

powered by kizAPI

ニュース

ニュースはこちら!

powered by google

Q&A

ゴルフのスルーザグリーンでのルールをお聞きしたいのですが。 ...

2は間違いなく救済を受けられます。1は微妙ですが道路と球の距離が10センチならスイング区域の妨げとなる許容範囲でしょう(、ヘッドが道路に当たってしまう状態とみられる)、20センチでどうする、私見、コンペならドロップ、月例会ならそのまま打つ。...

ゴルフのスルーザグリーンの定義でプレイ中以外のグリーンは、含...

サブグリーンはスルーザグリーンなので、サブグリーンを「目的外のグリーン」と決めた場合には、あなたの解釈通り「スルーザグリーンでもプレイ禁止の区域がある」と考えればいいです。...

ゴルフルールと解決法です。 規定も読むのですが、一部理解に苦...

質問者は一つ前の質問で「ルールを研究中です」とコメントしています。折角ルールに関していくつか研究の着眼点が見つかったのですから、ゴルフ規則本文と裁定集を徹底的に読み込んで自力で解答をひねり出す努力をしなければ、とても「ルールを研究している」...

Q&Aをもっと!

書籍

最新ゴルフルールハンドブック

永岡書店(出版社)
2012-02-17(発売日)

ゴルフ関連 書籍をもっと!